64,800円の定額遺言作成サポート

自筆証書遺言のすすめ

行政書士吉田安之です。
「遺言」をつくろうかな?…

しかし誰しもが「自分には必要ないだろう」又は「まだ若いから早いだろう」と考えていると思います。

だけど人間はいくら元気でも明日も元気である保証はありません。

そこで自筆証書遺言の作成はいかがでしょうか?公正証書遺言のように公証人手数料などの大きな費用もかかりませんが、効果は同様です。

自筆証書遺言とは?

自筆証書遺言とは、民法でこのように規定されています。(自筆証書遺言)
第968条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

つまりは、①全文、②日付、③氏名を自分で書いて、なおかつ④押印をすることが条件だということになります。

また訂正する場合も法定の訂正方法によらなければ効力を生じないということになっています。

自筆証書のメリット、デメリット

メリット デメリット
①費用が抑えられる
②相続人に中身や存在を知られないで作成しやすい
③書き直しも容易である
④証人も必要ない
①間違いで無効になる恐れ
②遺言者の遺言能力の有無で争いになる恐れ
③発見されないという恐れ
④発見されて不利益な相続人に隠されてしまうなどの恐れ
⑤家庭裁判所の検認手続が必要

このようなメリットデメリットが存在しますが、公正証書遺言にするまで費用と手間と時間をかけたくはないが、遺言はしておきたいという方にお勧めできるでしょう。

また、デメリットの点も専門家の作成サポートを利用すれば書き間違いや、詐欺取消、脅迫、隠匿、破棄などの心配もなくなります。また費用も安価ですみます。

◆自筆証書による遺言書作成サービス

64,800円(サービス地域内)
※自筆証書遺言の場合。
※間違えやすい自筆証書の作成を総合的にサポート。
※1年間は保管サービスが無料となります。
※戸籍などの取得代行は、1通ごとに別途@840円の手数料を頂きます。
※当職を遺言執行者に指名する場合は5400円の割引となります。
※サービス地域外も承ります。事前に連絡頂ければ無料お見積もりいたします。

 

定額出張遺言サポートの地域について

遺言を書こうかと考えているが、市の無料相談も市役所まで出向かないといけないし、一人30分で相談時間も足りない。法律家の事務所へ出向くのも足が悪いのでおっくうだなどいうお声を頻繁に聞きます。

下記地域へは定額で出張遺言作成サポートを行っています。

小金井市・国分寺市・西東京市・三鷹市・武蔵野市・東久留米市・ 府中市・国立市・小平市
サービスに関するお問い合わせは無料ですので、
お気軽に042-388-0073までお問い合わせください。

当事務所運営サイトの紹介

成年後見で悪徳商法被害予防! よくわかるクーリングオフで悪徳商法解約代行 不動産マンションのクーリングオフ
成年後見で悪徳商法被害予防 よくわかるクーリングオフで悪徳商法解約代行 不動産マンションのクーリングオフ
成年後見制度を利用した高齢者被害の予防について詳細に解説しています。 悪質商法の豊富な知識とクーリングオフ制度の概要。
クーリングオフ代行などについて。
非常に強引な投資マンションのクーリングオフについて事例を交えて解説。クーリングオフ代行も可能。

遺言の種類

相続知識

事務所住所

〒184-0001
東京都小金井市関野町2-7-5

TEL:042-388-0073

FAX:042-381-1836


大きな地図で見る